学童の職員の対応について(令和元年5月23日受付)

公開日 2019年06月03日

最終更新日 2019年06月03日

ご意見

 市の学童の職員はなぜ対応がよくないのですか。

 身体の安全管理や精神面の管理などちゃんと見てくれないのですか。見れないのですか。見ようとしないのですか。責任が重いからですか。責任逃れですか。

 預かる児童が多く、大変なのもわかりますが、大変だという事はわかっていた事ではないですか。それでも努めようと思った職場ですよね。

 子どもが好きで入ったのではないですか。子供を預けてる保護者は不安の気持ちの中で子供をあずけています。

 信用したい、信用出来ない、葛藤してます。でも、信じてみよう、信じたいのです。

 先生方だけが全部悪いとは言いません。ただ、今後の職員全員が児童と保護者にどう接するべきか、改善点、人材不足をどう補うのか、職場の意識改革、講習、注意点、チームワーク力、他など、代表者、管理者、市役所の方々で何度も話し合ってください。役所方々、これは市についての大事な問題で課題ですよ。未来を補う子供達についてなのですから。

 どうか、皆さんで保護者も含めて、話し合いをしてほしいです。一番に大事・大切なのは子供達です。

 

回答

 日頃より、本市の福祉行政にご協力頂きありがとうございます。

 本市では、放課後児童支援員資質向上研修を毎年行っているところではありますが、一部の職員の対応がよくないとのご意見をいただきまして残念に思っております。

 全学童へ再度、放課後児童支援員として自らを律し、放課後の児童の安心・安全な生活の場の確保に努めるとともに、保護者と密接に連絡をとり信頼関係を築いていくよう指導してまいりたいと思います。

 今回は貴重なご意見、誠にありがとうございました。

 

 

お問い合わせ

こども未来部 こども政策課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁2階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 政策係:内線3642~3644、わんぱく係:内線3645~3647