本の弁償について(令和元年6月10日受付)

公開日 2019年06月25日

最終更新日 2019年06月25日

「ご意見」

お世話になります。

市立図書館についてですが、先日市立図書館にて絵本を借りまして、赤ちゃんに絵本を読んでますと、赤ちゃんがあやまって、やぶいてしまいました。

そこで図書館へ返却する際にあやまって破ったと告げると自費でかつ同じ本を新しく購入してくるよう言われました。

こちらの不手際ではあるのですが、こちらとしてはまさか自費で新品を買う羽目になるとは思ってもみませんでした。何かそういう場合は保証がついているものだと思っておりました。是非今後は事前に借りる前にお伝えいただきたいと思い、メールいたしました。加入の際には告げたのかもしれませんが、当然覚えておらず、借りる際に告げるかもしくは大きくわかるようにどこかに掲示をしていただきたいと存じます。よろしくお願いします。


「回答」

 いつも図書館をご利用いただきありがとうございます。

 ご意見にございましたお借りになった赤ちゃん絵本の弁償について、ご説明申し上げます。図書館の本を汚損・破損した場合は弁償をお願いすることもある、ということはカードを作成する際に、ご説明しており、当館の基準に沿って弁償をお願いしています。親が気をつけていても子どもは思いがけない行動をしてしまい、本の汚損・破損につながる場合がありますが、公立図書館の本は市の予算で購入した市の備品であり、市民共有の財産でございます。どうぞご理解いただきたいと存じます。

 皆様が貸し出しを受ける都度に申し添えることはできませんが、館内にて掲示するよう検討したいと存じます。

お問い合わせ

教育部 浦添市立図書館
住所:〒901-2114 沖縄県浦添市安波茶二丁目2番1号
TEL:098-876-4946
FAX:098-875-1772