市民課窓口対応について

公開日 2019年07月09日

最終更新日 2019年07月09日

【ご意見】

先週月曜日(6/17)、職場の児童手当の現況報告のため、世帯全員が記載された住民票を取得するべく、私の妻が浦添市役所の住民票を取得する窓口へ申請したところ、対応した30代くらいの女性職員から、「児童手当の現況報告などでは別居していない限り、住民票はいらない。」と言われ、妻が「旦那が職場で必要だからと頼まれて来た」旨、申し述べたところ、当該職員が困った人(妻のことを指す)がいるものだというように他の職員見て、笑ったような態度を取り、とても不快な思いをしたとのことです。

私は、国家公務員であるため、児童手当の認定者は、在職する省の大臣となります。例年、私の職場では6月1日現在で、児童手当が正しく支給しているかを確認するため、当年1月1日に在住する市町村からの所得証明書による前年度所得、確認日現在に居住する市町村による住民票により支給対象となる児童を養育(扶養)しているか確認しているところです。
 当該職員のおっしゃるとおり、私のような場合でも住民票が不要であれば、当方の勉強不足、また私の職場の担当者が毎年度不要な出費(住民票の交付代)を課していることから速やかに是正するよう通告いたしたいので、是非根拠等をご教示いただきたく存じます。

一方、当該職員の認識に誤りがあれば、市民に接する担当者、公務員として法律・条例・規則等の制度についてしっかりと理解するよう勉強し直し、市民を不快にさせる態度は改めていただきたい、管理監督者にあっては、当該職員をしっかりと指導いただきたく存じます。

【回答】

この度は市民課証明窓口応対に不愉快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます。

ご意見の通り、児童手当の実施主体は、公務員はその所属庁、公務員以外は住所地の市町村となるため、公務員以外の浦添市民については住民票を省略しているところです。

今回窓口にて公務員ということを考慮せず、思い込みによって誤った説明を行ったこと、またその後の対応についてもご不快な思いをさせることとなってしまい、大変申し訳ありませんでした。

ご意見につきましては、窓口業務従事者に対して周知し、再発防止を行うべく指導を行っております。

今後は、二度とこのようなミスの無いよう、細心の注意を払い、窓口対応の改善に努めてまいります。

重ねてこの度は、市民課証明窓口応対に不愉快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます。

 

お問い合わせ

市民部 市民課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁1階)
TEL:098-876-1283(窓口係、戸籍係、記録係)、876-1284(国民年金係)
FAX:098-874-5030