市長フォトギャラリー(第37回浦添てだこまつり)

公開日 2014年04月07日

【7月18日(金) 前夜祭】

 7月18日(金)てだこまつり前夜祭が屋富祖大通りで行われました。
お集まりの皆様、こんばんは。パレードに参加された皆様も、大変お疲れ様でした。
第37回浦添てだこまつり前夜祭第16回ひぃやー祭々IN屋冨祖の開催にあたり、お祝いの言葉を申し上げます。先ほど、松田実行委員長に伴って、まつりの安全と成功を願い、村拝みをして参りました。
拝みのご加護により、この前夜祭も含め、てだこまつり3日間の成功は、間違いございません。
拝所にある「がじゅまる木」をはじめ、この屋冨祖の地域は、私が子どもの頃から遊びなれた地域であります。こうして良く親しんだ地域のお祭りに昨年に引き続き参加をさせて頂くということは、大変うれしいことであり、懐かしさが込み上げて参ります。
昨年からは青少年健全育成の趣旨に実行委員会の皆様快くご賛同頂き、プログラムの進行にも工夫を重ねておられますことに、深く感謝を申し上げます。
本日も、青年エイサーや琉舞、日舞、ベリーダンスなどの多彩な催しが予定されております。私も、恥ずかしながらカラオケの方で参加をして盛り上げさせて頂きますので、実行委員会の皆様、会場にお越しの皆様ともに、楽しい祭りにして行きましょう。よろしくお願いします。
7月19日(土) 物産と観光展

 7月19日(土)浦添の物産と観光展インてだこまつりオープニングセレモニー

浦添の物産と観光展インてだこまつりオープニングセレモニーにお集まりの皆様こんにちは。浦添てだこまつり実行委員会を代表いたしまいて、一言、ごあいさつを申し上げます。
本日、浦添商工会議所様、浦添市観光協会様、沖縄県農業協同組合浦添支店様、浦添宜野湾漁業協同組合様の全面的なバックアップを頂きまして、今年も「浦添の物産と観光展インてだこまつり」を開催できますことを大変うれしく思います。
今年は、会場をてだこホールエリア、市民交流室に設けまして、本市を代表いたします地場産品をPRさせて頂きます。
浦添てだこまつりは、メイン会場である陸上競技場のみならず、ヤングフェスタや浦添市文化協会によります舞台芸能など、幅広く開催されておりますので、多くの皆様方でこのてだこホール周辺も大変賑わっております。
このような中、本市の物産と観光をPRできますことは大変意義深いことであり、ぜひとも多くの方々に、質の高い地場産品を手にとって頂きたいと思います。
今月は県産品愛用月間ということで県内各地で多くの取り組みが展開されておりますが、本市といたしましても、どんどん、内外へ浦添市の名産を紹介して参りたいと思います。どうぞ、皆様方のご協力をよろしくお願いいたします。
結びに、今日、明日とこの物産展が大いに成果を挙げられますよう、また、お集まりの皆様方のご健勝とご多幸、参加されておられる各事業所の限りないご発展を祈念申し上げまして、ごあいさつといたします。
 
7月19日(土) 浦添市老人クラブ連合会カラオケ大会】

 
 7月19日(土)浦添市老人クラブ連合会カラオケ大会
会場にお集まりの皆様、ハイサイ、グスーヨーチューウガナビラ
浦添てだこまつり実行委員長の松本哲治でございます。
本日は天候にも恵まれる中、第37回浦添てだこまつり浦添市老人クラブ連合会カラオケ大会並びに輪投げ大会が華やかに開催されますことを、心からお慶び申し上げます。
浦添市老人クラブ連合会並びに各単位老人クラブの皆様方におかれましては、毎年このように「てだこまつり」に花を添えてくださっておりますことに、深く感謝を申し上げます。
昨年も私はこの場で一曲披露させて頂きましたが、皆様方の元気なお姿に圧倒され、上手に歌うことはできませんでした。今年は、皆様方に負けないよう、十八番を持って参りました。若い頃というか、少し、やんちゃだった少年の頃を思い出しながら歌いますので、どうぞよろしくお願いいたします。 
また、午後に開催されます輪投げ大会においては、90歳を越える方が15名もエントリーされ、さらには大正7年生まれ、最高齢96歳の方も出場されると伺っております。
今日、明日と2日間にわたり開催されるこの「てだこまつり」が大いに盛り上がるよう、皆様方からパワーをあやかってフル回転で頑張りますので、どうぞお力をお貸し下さい。
結びに、浦添市老人クラブ連合会國吉眞安会長をはじめ、お集まりの皆様方のますますのご長寿とご健康を祈念申し上げまして、ごあいさつといたします。
 

 【7月19日(土) 採火式】


 
 7月19日(土)伊祖城跡において採火式が行われました。
お集まりの皆様、お疲れ様です。
てだこ火採火式・てだこ火リレーの開式にあたり、実行委員会を代表して、ごあいさつを申し上げます。 
今年も、第37回浦添てだこまつりの開幕の日を迎えました。
今日、明日の2日間にわたり、メイン会場である陸上競技場や牧港漁港のハーリー会場など、実に19万人余の方々が市内外からまつりに参加されることが見込まれております。
ただいま、このまつり期間中の無事と安全を祈願して、安里門中の皆様方による御願と琉球古典音楽の演奏を奉納して頂きました。安里門中の皆様、浦添市文化協会古典芸能部会の皆様、伊祖自治会の皆様、誠にありがとうございました。
この英祖王ゆかりの地である伊祖グスクの厳かな雰囲気に包まれる中で、大変身が引き締まる思いであります。この後、てだこレディのお三方により、いよいよ「てだこ火」が採火され
ます。この「てだこ火」は、昨年まではリレーで運んでおりましたが、今年から少し趣向を変えまして、伊祖子ども会、琉球コラソンの皆さんが山車を牽き、まつり会場まで大切に 運んで頂くこととなっております。
どうか皆様、今一度、安寧無事にまつりが開催されるよう願いながら、採火式にご注目ください。暑い中ですが、2日間がんばって参りましょう。どうぞよろしくお願いいたします。
結びに、第37回浦添てだこまつりの成功と、お集まりの皆様方のさらなるご健勝、ご多幸を祈念し、ごあいさつといたします。
 

  【7月19日(土) 開会宣言】

  市民の皆様、こんにちは。そして、県内外からお越しの皆様、「てだこの都市うらそえ」へようこそお越しくださいました。心から歓迎を申し上げます。
第37回浦添てだこまつりが、今年も華やかに開催されます。
浦添てだこまつりは、本市を代表する夏の風物詩であり、市民総出で行われる市民まつりであります。
この歴史と伝統を誇る浦添てだこまつりも、今年で37回目を迎えました。私たちが子どもの頃から慣れ親しんだ「まつり」が、こうして大人になっても引き継がれ、ますます発展を続けておりますことは、大変素晴らしいことであり、凄いことだと思います。
これもひとえに、まつりを愛し、支えてくださいます多くの皆様、協賛を頂いております各企業、団体の皆様方の心温まるご尽力の賜物であります。この場をお借りして、深く感謝を申し上げます。
これから、華やかな王朝絵巻を再現した浦添三大王統まつりが繰り広げられます。そして明日も、てだこハーリー、ちびっこ相撲、キックベースボール大会、ジュニアフットサル大会、さらには本市の伝統芸能を凝縮した演舞まつりが例年以上の盛り上がりで開催されます。
お集まりの皆様、どうぞ今日、明日の2日間、第37回うらそえてだこまつりを心ゆくまでご堪能ください。
また、先日幕を閉じたサッカーのワールドカップブラジル大会では、日本のサポーターが試合後のゴミ拾いで現地リオ政府から表彰されました。このてだこまつりでも、ゴミは各自で持ち帰られるなど、利用者が気持ちよく利用できますよう、皆様のご協力をお願いします。
まつり期間の安全と成功を祈念し、ここに、開会を宣言いたします。
7月19日(土) 青少年指導部会夜間巡回パトロール出発式 】

 
みなさま、あらためましてこんばんは。
第37回浦添てだまこつり青少年指導部会夜間巡回パトロール出発式に際し、ごあいさつを申し上げます。
今日、明日の夜間巡回パトロールには、浦添警察署、浦添市防犯協会をはじめ、那覇地区の高等学校PTAの皆様方も含めまして、65の公的機関並びに団体の皆様方のご協力により、のべ8百名近くの方々が参加されると伺っております。誠に、ありがとうございます。
子どもたちが早めに帰宅の途に着き、深夜徘徊を防止することは、防犯上も、交通安全の面からも大変重要であります。
今日、明日と帰宅指導に就かれる皆様方におかれましては、どうか夜間ですので十分ご注意いただきながら、巡回されますようお願いを申し上げます。
結びに、青少年健全育成市民会議西銘生弘会長をはじめ、青少年指導部会の皆様方の取り組みに深く感謝を申し上げ、激励のごあいさつといたします。

 【7月20日(日) ハーリー大会】

 お集まりの皆様方、おはようございます。真夏の太陽に照らされた真っ青な海が眼下に広がる中、今年も第37回浦添てだこまつり並びに第14回てだこハーリー大会が開催されるにあたり、実行委員会を代表して、ごあいさつを申し上げます。
毎年恒例の伝統行事である「てだこハーリー大会」も14回を数えることとなっておりますが、回を重ねる毎にますます盛り上がりを見せ、なんと今年は募集開始から3日間で中学校10チームを含む80チームがエントリーされたと伺っております。
今年も手に汗握る熱い戦いが展開されるものと、早くもワクワクしております。
出場される皆様方におかれましては、日頃の練習の成果を大いに発揮して、優勝を目指して頑張ってください。後ほどルール説明とともに注意事項を競技委員長より申し上げますが、今年は本市においても熱中症による搬送が多数発生しております。こまめな水分補給と暑さ対策が大切ですので、出場される皆様のみならず、応援の方々や子どもたちに細心の注意を払うよう、お願いを申し上げます。
また、この「てだこハーリー大会」の開催にあたっては、運営、安全確保の面で浦添宜野湾漁業協同組合の皆様方が担われます。そして、ただいま感謝状を贈呈させて頂きましたが、座波建設株式会社様が、ハーリー船への乗り降り用浮き桟橋を製作し、寄贈していただきました。多くの人の支えで「まつり」が開催できますことは、大変素晴らしいことです。皆様、あらためまして、今年も「てだこハーリー大会が無事に開催できますことに感謝を込めて拍手をお願いいたします。
最後に、「第14回てだこハーリー大会」の安全を祈願し、並びに選手の皆様のご健闘、ご活躍を祈念してごあいさつといたします。
 

 【7月20日(日) 演武まつり】


 
 まつり会場にお集まりの皆様、こんにちは。
第37回浦添てだこまつり「演舞まつり」の開催にあたり、実行委員会を代表してごあいさつを申し上げます。
昨日、今日と眩しいばかりの晴天に恵まれ、この第37回浦添てだこまつりも、クライマックスであります「演舞まつり」を開催する運びとなりました。この演舞まつりは、てだこまつりを象徴する市民総出の大イベントであり、早くも、浦添市立公立保育所や浦添市学童保育連絡協議会の子どもたちのかわいらしい声が聞こえております。
この演舞まつりは、元気な浦添の子どもたちの演技からスタートして、自治会や伝統芸能保存会の皆様方による演舞、エイサー、創作踊り、てぃーだバトンなど、本市の文化芸能が「ぎゅっと」凝縮されたまつりとなっております。
出演される皆様方は、本番に向けて早くから練習を重ね、今日の日を迎えられたことと思います。練習の成果を大いに発揮して、躍動感溢れる演舞で魅了してくださいますよう、お願いいたします。
本日はそのほか、夜の帳に包まれる頃にあわせてゲストコンサート、市民総踊りカチャーシー、そして皆様お楽しみの大花火ショーが浦添の夏の夜を彩ります。
会場にお越しの皆様、どうぞ最後までお楽しみください。
【7月20日(日) 閉会宣言】

 
お集まりの皆さん、こんばんは。
最後の花火を残して、今年の「浦添てだこまつり」の全日程を終了いたしました。
今年のてだこまつりは、いかがでしたでしょうか。会場の皆様方の笑顔と思い出に残るようなまつりとなりましたら、私たち実行委員会にとりましても、大変幸せなことであります。
では最後に、実行委員会を代表いたしまして、閉会のごあいさつをいたします。第37回「浦添てだこまつり」は、18日の前夜祭も含め、3日間大変お天気に恵まれました。
会場へお越しの皆様方、イベントへご出演頂いた皆様方、動員・ボランティア等で祭りを支えて頂いております多くの皆様方、これからパトロールに参加される皆様方をはじめ、多くの関係者の皆々様に、心から、感謝を申し上げます。本当に、ありがとうございました。
どうぞお帰りは、交通安全には十分気をつけて、お子様連れのご家族の方はお子様の手をしっかりとひいて、まつりの余韻に浸りながら楽しくお帰り下さいますよう、お願いを申し上げます。
このてだこまつりが、来年も市民の皆様方に喜んで頂けるまつりとなるよう、私たち実行委員会も、たくさんのご支援を賜りながら、英知と工夫を結集し、最大限に努力して参ります。これからも温かいご支援をよろしくお願いいたします。では、浦添の夜空を彩る大輪の花火をどうぞご覧下さい。皆様、誠にありがとうございました。
7月21日(月) てだこまつり清掃ボランティア出発式

 
お集まりの皆様、おはようございます。
まだ、てだこまつりの余韻も残る中、休日の朝早くから清掃ボランティア参加、誠にありがとうございます。昨日、一昨日と延べ20万人近くの方々が「浦添てだこまつり」を楽しまれました。
今回も「てだこまつり」には多くの企業、団体、ボランティアの方々が裏方として、テントや提灯などの電飾機器の設営、交通整理、そして本日の清掃活動に参加をされております。本当に頭が下がる思いであります。
「てだこまつり」が長年にわたり本市を代表する「まつり」として市民に親しまれ、愛されておりますのは、こうした皆様方のご尽力によるところだと思います。あらためて感謝を申し上げます。  
今日からこの会場周辺は、いつものように市民の方々が運動をしたり憩いの場として、この会場を利用されます。使わせて頂いた会場をキレイに掃除をして、利用者の皆様方が気持ちよく施設を使えるように皆様、がんばって参りましょう。朝から気温は上がっておりますが、途中水分をしっかり補給されるなど、暑さ対策には十分注意され、またケガのないように気をつけて作業に従事されてください。よろしくお願いします。




市長の部屋トップページ

市長フォトギャラリー トップページ


お問い合わせ

企画部 秘書課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 2561〜2563
FAX:098-879-7224

記事へのアンケート