2月3日(日)10km(浦添城跡と湧き水を巡るコース)

 


日曜日10km 浦添城跡と湧き水を巡るコース地図

※道路の状況によりコースは若干変更する場合があるのでご了承ください。


◆ コースの見どころ ◆

画像の説明

安波茶桶川
ANA SPORT PARK(浦添運動公園)の近くにある湧き水スポット。岩盤にある穴から石造りの水道を通じて豊富な水がどんどん出てきます。泉の周辺には、小さな小魚やエビなどの小動物も見ることができます。

 

画像の説明

仲間桶川
浦添中学校の裏門近くにある窪地にある湧き水スポット。独特な石造りの構造になっており、豊富な水が穴の奥からどんどん湧き出ていきます。昔の人々の生活用水として貴重な存在となっていた場所です。

 

浦添城址
 国の史跡にもなっている浦添城址。首里城以前の城で中山の王城として知られていました。薩摩侵攻や戦争の激戦地等多くの歴史を持つ場所でもあります。また、浦添城の前にある碑は、薩摩侵攻があった当時の王、「尚寧王」が首里までの道を整備した時の記念碑だそうです。内容は、国中の人々が力を合わせ道造りした事や竣工儀礼の事が書かれています。
 

浦添グスクようどれ館(約2.5km地点)
浦添グスクようどれ館

 「グスク」とは城、「ようどれ」とは琉球の王のお墓のことです。浦添ようどれの中を再現した空間もあり、現在も浦添城跡から発掘されたものを展示しています。  

 

画像の説明

浦添大公園 
浦添大公園の西側エリアには、長いローラー滑り台がある遊び広場があります。実は、この滑り台を楽しもうと、外国人観光客が訪れる穴場スポットになっています。また、遊び広場からさらに階段を上った場所に展望台があり、その頂上から、浦添と西海岸の景色を独り占めできるます。

 

画像の説明

立津ガー
牧港小学校の裏側にある木々に囲まれた隠れ湧水スポット。透き通った水がどんどんと湧き出て水草がゆらゆらと漂っています。時々手長エビが姿を見せます。
 

 

画像の説明

牧港ガー
牧港にある湧水スポット。湧水のある場所は、窪地の上牧港の建物と道路に囲まれているため、見逃しやすい場所になっています。

 

画像の説明

牧港緑地
牧港と港川の間にある崖にある公園。急な階段を上りますがその頂上から浦添市の北側の眺めは絶景の一言です。

 

画像の説明

泉小公園
城間のサンパーク通りに面した場所にある人工の滝が流れる公園です。