35年ぶりの決勝進出 惜しくも優勝届かず

公開日 2017年11月12日

準優勝の記念写真

35年ぶりに決勝進出を果たした浦添高校サッカー部。
最後まで諦めずに一生懸命ボールを追いかけ、パスをつないでボールを運び、ゴールを狙うも力及ばず無情にも試合終了のホイッスル。
全国への切符には手が届かなかった。
天を仰ぐ選手、ひざを抱えて座り込みしばらく動けない選手たち。
胸が熱くなる光景に応援席では涙する人たちもいましたが、会場からは「よくがんばった!」「ありがとう!」「胸を張って!」と、あたたかい声援と健闘を称える大きな拍手が送られました。
試合後、翁長監督に話を聞いたところ「選手たちはとにかく泥臭く頑張りましたが、相手の方が技術が上でした」と試合を振り返りました。
「近隣の強豪校に選手が流れる中で、選手たちと共に絶対に負けないという思いで士気を高め、チームづくりをしてきた。
実績を積み上げていくことで浦添高校サッカー部の自信になり、子どもたちの自信になる。
目標に向かって努力してきたことは選手たちが社会に出ていったときの糧になると信じていますし、この思いはつながっていくものと信じています。
明日から次回大会に向けてまたがんばります。応援してくれた皆さんありがとうございます。これからも応援よろしくお願いします」と選手たちの頑張りをねぎらうと共に支えてくれたすべての人に感謝を述べました。

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):国際交流係(2611・2612) 広報広聴係(2613・2614)

記事へのアンケート