「対華友好都市交流協力賞」を受賞しました

公開日 2018年11月19日

授賞式の様子。友好交流のある各国の都市から代表者が参加しました。

浦添市と中国福建省泉州市は1988年(昭和63年)に友好都市を締結して以来、長きにわたって友好都市の進展につとめてきました。
9月に本市で開催された30周年記念事業も記憶に新しいところでありますが、今般、その功績が讃えられ中国人民対外友好協会から本市に「対華友好都市協力賞」が贈られました。

これに伴い、11月15日から16日にかけて中国・武漢市で開催された「2018中国国際友好都市大会」で行われた受賞式に、本市を代表して松本哲治市長、嵩元盛兼教育長が出席いたしました。

今回の大会では、世界78か所の受賞自治体の代表あいさつの4人のなかに浦添市が指名され、来場する800名余の参加者に「URASOE」を発信する機会に恵まれました。受賞とあわせて大変名誉なことです。
この成果を両市の絆を一層深めるものとして、今後、さらなる友好交流に努めていきたいと思います。

 

記念の盾

受賞の記念に盾と賞状が贈られました。

 

インタビュー

湖北衛星テレビの取材をうけました。市長の横にいる女性は泉州市外事弁公室の通訳者です。

 

出席者

30年の交流実績が評価されての受賞です。大会に参加した松本市長と嵩元教育長は多くの参加者と交流を図りました。

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):国際交流係(2611・2612) 広報広聴係(2613・2614)

記事へのアンケート