10月2日(水曜日)浦添産桑の葉を使った商品開発を報告

公開日 2019年10月03日

那覇国際高校SGH研究生活動報告後皆で記念撮影

那覇国際高校の生徒5人が浦添産桑の葉を使った商品開発と販売成果の報告のため浦添市役所を訪れました。
5人は、文部科学省指定のSGH(スーパー・グローバル・ハイスクール)という探究活動の一環として「環境」をテーマにプロジェクトをスタート。
メンバーの一人平良建史郎さん(浦添市出身)が、小学生の時に行った蚕や浦添織についての自由研究がきっかけで「桑の葉」を使ったジェラートを開発したという。
試行錯誤の上完成したジェラートは、8月末から2日に渡り販売し、好評を博した。
桑の葉の可能性を感じた5人は、今後、県内コンビニにも企画を提示し、「多くの人に桑の魅力をしてもらえたら」と目を輝かせました。

商品開発の経緯を説明する平良さん
商品開発の経緯を説明する平良さん
商品開発にあたり行った市場調査
商品開発にあたり行った市場調査
ジェラートのおいしさの秘密を説明する宜間さん
ジェラートのおいしさの秘密を説明

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):国際交流係(2611・2612) 広報広聴係(2613・2614)

記事へのアンケート