母子生活支援施設

公開日 2009年03月12日

最終更新日 2019年11月07日

母子生活支援施設とは・・・

 母子生活支援施設とは、児童福祉法(第38条)に基づいてつくられた児童福祉施設です。
 市内に住所を有する配偶者のない女子、又はこれに準ずる事情にある女子とその児童を入所させ、
 生活、教育就労等あらゆる問題について相談、助言を行い、児童を中心とした保護育成を図り、
 自立を目的に支援する施設です。

                    

◆入所対象
 18歳未満の児童を養育している母子世帯、又はこれに準ずる事情にある女性で児童の養育が十分にできない状況にある方
◆入所期間
 入所期間は3年以内です。
◆費用について
 世帯の階層区分に応じて負担金が発生します。

階層区分

負担金(月額)

生活保護世帯

0円

市民税非課税世帯

1,100円

市民税課税世帯

所得割の額のない世帯

2,200円

所得割の額のある世帯

3,300円

*市民税非課税世帯であっても、母子世帯等の場合には、負担金は0円とする。

◆入所を希望する方は・・・
 浦添市母子生活支援施設 浦和寮へ直接ご相談してください。

◆母子自立に向けての支援
  《母》  1 相談・援助支援
       2 生活支援、就労支援等 
       3 保育支援等
  《子》  1 基本的生活習慣の確立
       2 学童保育、学習支援、スポーツ、行事等の指導支援
   ※親子で楽しめる季節の行事(もちつき、ハロウィン等)やスポーツ大会も開催します。

 

お問い合わせ

こども未来部 こども家庭課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁2階)
TEL:098-876-1280(母子父子係、児童係、家庭相談係)、874-0874(女性相談室)、874-6073(家庭児童相談室)
FAX:098-879-7190

記事へのアンケート