国民健康保険の届出

公開日 2019年12月01日

最終更新日 2021年04月15日

●職場の被用者保険(健康保険等)を喪失したとき。

 退職などで健康保険を喪失した場合、次の4つのいずれかに加入しなければなりません。

医療保険の種類
 加入する医療保険  自己負担割合(病院での支払い)の比較
 1 国民健康保険  3割(義務教育就学前2割。70歳から74歳まで2割(現役並所得者は3割)
 2 健康保険等の任意継続  3割
 3 家族の健康保険(国保以外)の被扶養者  3割
 4 長寿(後期高齢者)医療制度  1割(現役並所得者は3割)

※自己負担割合は、年齢や所得によって異なります。
1 国民健康保険の加入について
・ 上記2、3、4に加入していない人は、国民健康保険に加入しなければなりません。
・ 次に掲げる健康保険等の任意継続又は家族の健康保険の被扶養者に認められなかった場合は、健康保険の喪失後14日以内に国民健康保険課の窓口で届出をしましょう。
2 健康保険等の任意継続について

任意継続の内容
 任意継続  職場の健康保険をやめても、その健康保険を任意に個人で続けることができる制度です。
 保 険 料  通常は給料から天引きされていた保険料の2倍
(限度額がある場合もある。保険料の計算は各保険者で異なります。)
 加入手続  申 請 先・・・住所地の全国健康保険協会又は職場の健康保険組合
 申請期限・・・退職してから20日以内
 加入要件  健康保険の被保険者期間が継続して2か月以上であること。
 加入期間  2年以内


3 健康保険(国保を除く。)の被扶養者について
加入手続  申請先・・・家族の方の職場
加入要件  1 家族の方(健康保険の被保険者)に扶養されていること。
      2 年間収入が一定金額以下であること。
☆ 60歳未満の方→130万円未満で、被保険者の年収の2分の1未満
☆ 60歳以上の方→180万円未満で、被保険者の年収の2分の1未満
☆  一定の障がいのある方→180万円未満で、被保険者の年収の2分の1未満
※  ただし、今現在、病気等により収入が少ない場合は被扶養者になれる場合があります。職場の担当の方にご相談ください。
※ 被扶養者に係る健康保険料は、無料となるメリットがあります。
  さらに配偶者は、第3号被保険者として国民年金保険料を納める必要もなくなります。

●こんなときは14日以内の届出が必要です!

 国保の資格ができたり、なくなったりしたときは、市民課又は国保課の窓口に届け出てください。

届出一覧表
  届出が必要なとき     届出に必要なもの 資格取得日・喪失日
国保に入るとき 他市町村から転入したとき 転入届(市民課にて必要となります) 転入した日から加入
日本人が入国したとき
外国人が入国したとき 在留カード 転入した日から加入
職場の健康保険等をやめたとき 健康保険等の資格喪失証明書 健康保険資格(取得・喪失)証明書[PDF:115KB] 健康保険・国保組合の資格を喪失した日から加入
(退職の場合は、退職日の翌日)
健康保険等の任意継続から外れたとき
健康保険等の被扶養者から外れたとき
国保加入者に子どもがうまれたとき 出生届(市民課にて必要となります)、親子健康手帳 生まれた日から加入
生活保護を受けなくなったとき 廃止(停止)日の記載された生活保護連絡票又は決定通知書 生活保護の廃止された日から加入
国保をやめるとき 他の市町村へ転出するとき 保険証 転出した(予定)日に喪失
出国するとき 国外に転出した(予定)日の翌日に喪失
職場の健康保険等に入ったとき 保険証、職場の健康保険等に加入したことが証明できるもの(保険証等) 健康保険の資格を取得した日の翌日に喪失
国保組合の資格を取得した日に喪失
※国保組合は取り扱いが異なります。
健康保険等の被扶養者になったとき
国保加入者が死亡したとき 死亡届(市民課にて必要となります)、保険証 死亡した日の翌日に喪失
生活保護を受けるようになったとき 開始日の記載された生活保護連絡票又は決定通知書 生活保護が開始された日に喪失
その他 厚生年金や共済年金等の被用者年金に20年以上(または40歳になった月以降10年以上)加入していた者が、年金を受けるようになったとき 保険証、年金証書  
転居で住所が変わったとき 保険証  
世帯主や国保加入者の氏名が変わったとき 保険証  
世帯を分けたり、世帯を合併したとき 保険証  
修学のため、他の市町村へ転出したとき 保険証、在学証明書  
保険証をなくしたり、汚して使えなくなったとき    
施設や病院等へ1年以上入所(院)するとき 入所(院)証明書  

※届出に必要なものは、上記以外に本人の身分確認ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証等)が必要となります。

※別世帯の代理人の方が手続きにいらっしゃる際には、世帯主からの委任状が必要になります。

委任状[PDF:68KB]

健康保険資格(取得・喪失)証明書[PDF:115KB]

※健康保険の場合、一日だけ健康保険と国保の資格と重複しますが、この資格が重複する1日については、国保では療養の給付等は行われませんのでご留意ください。またこのことによる国民健康保険税の重複請求はありません。

●届出が遅れると

◆加入の届出が遅れると
 1 国民健康保険税は、国民健康保険に加入の届出をした日ではなく、被保険者の資格を得た月の分までさかのぼって納めることになります。
 2 届出の日までの医療費は全額自己負担となります(法定の14日以内の届出を除く)。
◆国保をやめる届出が遅れると
 他の健康保険の手続き中の方は、医療機関受診の際、窓口でご相談ください。
 医療機関の窓口で新しい保険証の資格取得年月日の確認が必要です。
 国保の資格喪失の届出が遅れ、国保の保険証を使って受診してしまった場合は、国保が負担した医療費は返還金対象となります。
 詳しくは返還金のページ 

 保険証は一人一枚のみ大切に所持してください。

 ☆次の場合、保険証は浦添市に必ず返しましょう!

 1 浦添市国民健康保険の資格がなくなったとき
   〈例〉 ・他の健康保険に加入した
       ・他の市町村へ転出した
       ・生活保護を受けるようになった
 2 保険証の記載内容が変更になったとき 
   変更前の保険証を浦添市に返してください。 
   〈例〉 ・保険証兼高齢受給者証の一部負担金の割合が変更になった
       ・転居などで保険証の番号が変更になった
       ・世帯主が変更になった   
 3 保険証を紛失して再交付を受けた後、紛失した保険証が見つかった 
   見つかった保険証を浦添市に返してください。

お問い合わせ

福祉健康部 国民健康保険課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁1階)
TEL:098-876-1286(国保税第1~2係)、876-1288(給付係、長寿いきいき係、庶務係)
FAX:098-874-5030

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート