人生のできごとから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 成人・就職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 病気・けが
  • 障がい者
  • 失業・退職
  • 高齢・介護
  • 死亡・相続

暮らしのガイドから探す

  • 届出・登録・証明
  • 保険・年金・介護
  • 福祉
  • 健康・予防
  • 税金
  • 育児・教育
  • 住宅・インフラ
  • 環境・ごみ

うらそえトピックス

  • 1/24(金) 沖縄県学童野球大会、浦添勢が優勝・準優勝 DSCN4290    令和元年12月に開催された第135回沖縄県学童軟式野球大会の報告会が市役所9階講堂で行われました。  小学生球児が熱い戦いを繰り広げるこの大会では、県内の市町村を代表する野球チームがトーナメント方式で対戦し、冬の沖縄のチャンピオンチームを決定します。決勝戦は港川アルファーベースボールチームと浦添タイガースの浦添勢同士の戦いとなり、1-0で港川アルファーベースボールチームが優勝しました。  松本市長は「優勝・準優勝とも浦添市のチームでとても素晴らしいことです。将来のプロ野球選手が...
  • 1月26日(日)みんなで楽しく子ども会まつり DSC_0024  第38回浦添市子ども会まつりが中央公民館で開催されました。このイベントは、市の子ども会が一堂に集まり、日ごろの活動の成果や学習を発表しあい、いろいろな体験の場をとおしてお互いの友情の輪を広げ、今後の情報連携や地域活動に役立てることを目的として開催しています。  午前の部では、親子で餅つきや沖縄そば作りなどの体験コーナーを一緒に楽しみ、午後の部では、各子ども会がこの日のために練習を重ねてきたエイサーや三線などを舞台で披露しました。参加した子どもたちは「自分で作ったそばがおいしかった」「緊...
  • 1月30日(木)令和元年度浦添市優秀建設工事表彰式 令和元年度浦添市優秀建設工事表彰式  令和元年度浦添市優秀建設工事表彰式が市長応接室で行われました。この表彰は、本市が昨年度発注した建設工事で特に優秀な工事を施行した建設業者を表彰することにより、建設業者の意欲を高め建設工事の質の向上と適正な施工を確保することを目的としています。  今回、街路沢岻-石嶺線を通るモノレール上部にかかる橋梁の工事(浦添南第一地区跨線橋上部工工事)を行った株式会社内間土建様が表彰されました。この橋梁は県内で唯一、モノレール上部に架かる橋梁で、工事現場は隣接工事も多く、工事の範囲が狭いため大型機械が入...
  • 1/28(火)友好都市愛知県蒲郡市による首里城再建募金贈呈式 首里城募金贈呈式  本市の友好都市、愛知県蒲郡(がまごおり)市より、首里城再建募金が届けられました。贈呈式では、蒲郡市総代連合会 会長 細井 政雄(ほそい まさお)様から、松本市長と首里城応援プロジェクトの上里 隆史(うえざと たかし)リーダーへ目録が手渡されました。  細井会長からは「首里城火災をテレビで目の当たりにし、居ても立っても居られなかった」と募金活動に至った経緯の説明がありました。松本市長からは「これだけの多額の寄附に驚いています」と冒頭で挨拶があり、続けて「再建には時間がかかるかもしれません...
  • 1/6(月)地域のために、浦添市のために 未来をつくる若者オブ・ザ・イヤー受賞式及び自治会地縁による団体功労者団体総務大臣表賞    未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤー表彰式および自治会等地縁による団体功労者総務大臣表彰伝達式が市役所内で行われました。  未来をつくる若者オブ・ザ・イヤーとは、若者が地域や社会の輝く未来に向けて行った社会貢献活動に対し、その功績が顕著になった個人または団体を内閣府が表彰するもので、「浦西青年会」が内閣府特命担当大臣表彰を受賞しました。  浦西青年会は、エイサーで地域を盛り上げている団体で、エイサーを通して青少年健全育成を行うとともに、自治会活動への協力も積極的に行っています。ま...
  • 12/4(水)いつまでも続く仲小っ子の絆 寄付金贈呈式  仲西小学校第85期卒業生からの寄付金贈呈式が仲西小学校体育館で行われ、代表者の伊波幸則さんから島尻順子校長先生に寄付金目録が手渡されました。第85期卒業生は、40歳を間近に控え同級生が集う機会を作りたいと、卒業生同士の親睦、母校の発展および社会的活動に寄与することを目的として第85期仲西小学校同窓会を結成し、平成31年3月から活動しています。その一環として、備品購入などで母校の子どもたちに少しでも役立ててほしいと、同窓会の参加費に寄付金を含めました。  島尻校長先生は「卒業から27年経って...
  • 12/19(木)NPO美ら島きこえ支援協会関係者議長表敬 NPO美ら島きこえ教育関係者議長表敬  傍聴者向けの磁気ループを含む議場システムが改修されたことに伴い、NPO美ら島きこえ支援協会関係者が議長を表敬訪問しました。磁気ループシステムとは、補聴器を利用している人が周りの雑音などに邪魔されず、音を正確に聞き取れるシステムです。  浦添市では、沖縄一優しい福祉のまちを目指し、聴覚障がい者への情報保障のための取り組みを行っています。関係者は、「浦添市内によりいい形できこえの支援環境ができていければいい」と、期待を込めました。    
  • 12月23日(月)適正飲酒の取り組みに関する覚書を締結しました 適正飲酒の取り組みに関する覚書締結  令和元年12月23日(月)午前10時、浦添警察署内にて浦添警察署と浦添市の「適正飲酒の取り組みに関する覚書」の締結式を執り行いました。  本覚書は、浦添警察署と浦添市が連携し、自ら相談・治療を希望するアルコール依存者などを迅速な対応により適切な支援へつなげることを目的としております。  浦添市は、今後も関係機関とともに適正飲酒の取り組みを強化していきます。  
  • 12/4(水)誰もが安心して暮らせるために 民生委員・児童委員      令和元年度 浦添市民生委員・児童委員厚生労働大臣感謝状、委嘱状並びに沖縄県知事委嘱状伝達式が中央公民館で行われました。 民生委員・児童委員は、人々が安心して暮らせるように、同じ地域の住民として福祉に関する相談に乗り、専門機関の紹介や地域住民の状況把握などをする公的なボランティアで、浦添市では今回103人(再任89人、新任19人)に委嘱状が手渡されました。  松本市長は「誰もが安心して暮らせる地域づくりのため、これからも力を貸して頂きたい」とあいさつしました。民生委員...

公式Facebookページ