人生のできごとから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 成人・就職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 病気・けが
  • 障がい者
  • 失業・退職
  • 高齢・介護
  • 死亡・相続

暮らしのガイドから探す

  • 届出・登録・証明
  • 保険・年金・介護
  • 福祉
  • 健康・予防
  • 税金
  • 育児・教育
  • 住宅・インフラ
  • 環境・ごみ

うらそえトピックス

  • 「めぐみへの誓い-奪還-」公演。拉致問題に関心を めぐみさんの悪夢にご両親の姿が 北朝鮮による拉致事件を題材にした舞台劇「めぐみへの誓い-奪還-」が12/20(火)、てだこホールで公演されました。 この舞台劇は劇団夜想会により2010年に初めて公演されて以来、今日まで拉致問題啓発のため全国各地で公演され、沖縄での公演は今回が初めてとなります。 会場には市民ら約560人が集まり、拉致被害者の横田めぐみさんとその家族、横田滋さん早紀江さんの苦悩の日々や、一刻も早く娘をたすけだし会いたいという切なる願いに思いを寄せて舞台に見入りました。 舞台は、幸せな生活を送っていた横田さん家...
  • 中央公民館まつりに約3000人来場。大いに賑わう 中央公民館まつりの様子 12月10日(土)・11日(日)に「第31回浦添市立中央公民館まつり」が開催されました。 会場には、2日間を通して約3000人が来場し、舞台では沖縄の芸能や合唱に演奏、子ども達のダンス等があり、展示では書や生け花、絵画に写真とプロ顔負けの作品が並びました。 また、「料理で学ぶ韓国語」コーナーでは韓国春雨チャプチェやチヂミなど韓国料理を求める人々で大盛況でした。同ブースではシフォンケーキやクッキーなどの販売も行われていました。 来場者からは「皆が笑顔で行動されていたので、自分も癒されました」「...
  • ガジュマルの木に幻想的な光灯る DSC_0021 市役所正面にある大きなガジュマルの木に、12月3日(土)クリスマスイルミネーションが点灯しました。 いつもとは違う幻想的なガジュマルの木の雰囲気に、思わず立ち止まる通行人、車を停めて写真を撮る人、「わあ~きれい!!」とすごい勢いで子どもたちが駆け寄る姿も。 多くの人の目を楽しませてくれるイルミネーションは毎年浦添電業会がボランティアで設置。今シーズンは1月6日(金)まで幻想的な光を楽しむことができます。
  • 還付金詐欺に注意を。大会で結束誓う 還付金詐欺撲滅浦添市民緊急総決起大会  11月24日(木)市役所1階・マックスバリュー伊祖店・コープ牧港・バークレーズコートで「還付金詐欺撲滅浦添市民緊急総決起大会」が開催されました。  還付金詐欺は浦添市内でも被害報告があり、決して他人事ではなく自らの身にも降りかかる可能性のある犯罪です。市はじめ警察署や金融機関、商工業者も一体となって撲滅に向けた取り組みを展開していますが、あの手この手で攻めてくる詐欺手口にいたちごっごな状況です。詐欺犯罪を撲滅するためには市民の皆さん一人一人が意識することと、声を掛け合い地域で支え合うことが...
  • サン・シルク施設見学会が行われました! 桑茶試飲の様子 11月13日(日)、養蚕絹織物施設サン・シルクで施設見学会が行われました。 サン・シルク施設とうらそえ織の認知度向上を目的としています。 見学に訪れた子どもたちは先日沖縄県優良県産品に認定された桑茶の試飲や、機織している様子を見学しました。 糸を吐いてサナギになった実物のカイコを見たり、直接カイコ触ったり写真を撮る子もいて、とても楽しそうな様子でした。
  • 浦添市と沖縄労働局が雇用対策協定を締結 浦添市と沖縄労働局が雇用対策協定を締結しました  浦添市は、市民の皆さんが働きやすい環境を確保することを目指して、様々な取り組みを行っています。  雇用に関する施策を効果的に推進していくため、11月11日(金)、沖縄労働局と「雇用対策協定」を結びました。  労働局と協定を結ぶのは県内市町村では3例目となります。  協定により市と労働局は今後、共同で運営協議会を立ち上げ、子育て世代や就職困難者、若年者への就職支援・雇用支援を推進し、全ての市民が持てる力を発揮し活躍できる社会づくりを目指して取り組みを強化していきます。  松本市長は「市...
  • 浦添市・中城村・北中城村 新一般廃棄物処理施設整備に関する基本合意書締結 基本合意書締結式の様子  11月11日(金)、浦添市、中城村、北中城村の3市村による「新一般廃棄物処理施設整備に関する基本合意書締結式」が浦添市役所で行われました。 現在の浦添市クリーンセンターは稼働34年を経過しており、次の施設建設を考えなければならない時を迎えています。中城村と北中城村も、ライカム周辺の開発などによるごみ処理の増加で新しい処理施設の建設が必要に迫られており、3市村の間で協議を進めてきた結果、合意書の締結に至ります。 今後は、新ごみ処理施設の建設に向けて平成31年度に一部事務組合を設立し、国から...
  • 火災が発生しやすい時期です。防火予防の徹底を! 1日消防長の様子 「消しましょう その火、その時、その場所で」を全国統一防火標語として、11月9日(水)から15日(火)まで秋の全国火災予防運動を実施しました。消防署では、特別点検や市内事業所の立入検査、消防車両による市内広報等を実施しました。 運動期間初日の9日(水)は、浦添市てだこレディーサンフラワーの渡邊可南子さんが1日消防長を務め、住宅火災警報器の設置・交換など家庭・地域で防火対策を行うよう呼びかけました。幼年消防クラブの幼児約100人も参加し、大きな声で「防火の誓い」を読み上げて、防火の大切さを確認しま...
  • 「公益社団法人 母子保健推進会議会長表彰」を受賞 公益社団法人母子保健推進会議会長表彰を受賞した棚原さん 岡山県で開催された「健やか親子21全国大会」で浦添市母子保健推進員として活躍している棚原利栄子さんが「公益社団法人 母子保健推進会議会長表彰」を受彰し、11月4日(金)、全国大会に同席した久貝初枝さん、宮里紀美代さんと共に市長表敬しました。 母子保健推進員は、乳幼児健診未受診者訪問や生後4か月未満の子がいる世帯へ訪問し、母子保健事業等の紹介など様々な取り組みを行っています。 棚原さんは「今後の母子保健事業の発展に向けてさらに力を注いで活動していきたい」と語りました。
  • 11月3日(木)に浦添市てだこホール小ホールで2016うらそえYA文芸賞表彰式が行われました! 2016うらそえYA文芸賞表彰式  浦添市立図書館では、おおむね13歳から22歳をYA(ヤングアダルト)世代と位置づけ、平成4年に県内初のYAコーナー設置し、その世代を重視したサービスに努めています。  うらそえYA文芸賞は、YA世代の文学活動や読書活動を盛り上げることを目的として、今年度は8作品が受賞されました。  また、表彰式の後には埜納タオ氏を講師に「本で調べる図書館の活用法~レファレンスの魅力~」の講演会が開催されました。

公式Facebookページ