人生のできごとから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 成人・就職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 病気・けが
  • 障がい者
  • 失業・退職
  • 高齢・介護
  • 死亡・相続

暮らしのガイドから探す

  • 届出・登録・証明
  • 保険・年金・介護
  • 福祉
  • 健康・予防
  • 税金
  • 育児・教育
  • 住宅・インフラ
  • 環境・ごみ

うらそえトピックス

  • 7月17日(火)ニーハオ!浦添市へようこそ DSC_0140  浦添市は、今年で中国の泉州市と友好都市締結30周年という節目の年を迎えるにあたり、泉州市から派遣された16人の小学生交流団が、内間小学校の児童たちと交流会を行いました。  歓迎会では、内間小学校の児童による獅子舞やエイサーの披露から、みんなで「てぃんさぐぬ花」を合唱しました。泉州市の子どもたちも歌や笛、書道などを披露し、互いの文化に興味津々でした。歓迎会後には内間小学校の6年生と浦添商業高校で中国語を学んでいる学生たちも一緒に、給食を食べて交流を深めました。みんなでこの日のために覚えた...
  • 浦添運動公園が「ANA SPORTS PARK 浦添」に生まれ変わります DSC_0027 今年1月から募集をしていた浦添運動公園のネーミングライツパートナーが全日本空輸株式会社(ALL NIPPON AIRWAYS CO., LTD.「略称:ANA」)に決定しました。 浦添市とANAは3年間ネーミングライツを取得することについて合意し、7月18日(水曜日)に協定書を締結しました。 これにより、浦添運動公園は2018年10月から「ANASPORTS PARK 浦添」として生まれ変わります。 スポーツ振興を主要政策に掲げる浦添市は、世界に羽ばたくANAの翼を得て、共に協力しながら...
  • 7月2日(月)飛び立とう!浦添から世界へ 中学生海外短期留学生  浦添市中学生海外短期留学生派遣事業結団式が市役所9階講堂で行われました。派遣される中学生たちは4週間アメリカに滞在し、ホームステイ体験や語学研修、文化・歴史等の学習を行います。  松本市長は「遠慮せずに自分のやりたいことをやってきてください。度胸がついてたくましくなった皆さんを楽しみにしています」と激励しました。派遣生徒5人がそれぞれ意気込みを述べ、神森中学校の太田渚月さんは「アメリカの生活を肌で感じ、特色や良さを知りたいです。友だちをたくさんつくって世界観を広げ、一つでも多くのことを学ん...
  • 7/4(水) 宮城自治会、市内自治会7つ目の自主防災会へ認定 DSC_0008  「自分たちの身は、自分たちで守る」をスローガンに活動する自主防災会の認定式が行われ、宮城自治会に浦添市内の自治会では7つ目となる認定証が授与されました。  自主防災会は、住民の自主的な防災活動を行うことで地震や火災、その他の災害による被害の防止・軽減を図ることを目的としています。主な活動計画としては、防災に関する知識の普及から、災害発生時における予防・対応、訓練の実施や防災資器材の備蓄などがあります。地域全体で防災意識を高め、安心して暮らせるまちづくりを目指します。
  • 7月3日(火)沖縄国民年金基金業務委託契約の「締結」及び「交付式」 DSC_0012  国民年金基金加入の受付業務が金融機関の範囲拡大で銀行でも行えるようになったことから、委託業務契約の締結・交付式が行われました。式には「株式会社 琉球銀行」、「株式会社 沖縄銀行」、「株式会社 沖縄海邦銀行」の県内3銀行が出席しました。同時に3銀行が契約締結を行うことは全国初ということです。今後、より多くの県民へ国民年金基金が浸透していくために協力体制を整えていくことを確認しました。
  • 7月3日(火) 思いよ届け「少年の主張大会」 集合写真  第32回「浦添市少年の主張大会」がハーモニーセンターで開かれ、市内各中学校から10人がスポーツを通して学んだこと、周りの人への感謝などを会場の人たちの前で堂々と発表しました。  最優秀賞は山川莉佳(神森中)さん、優秀賞に金城奈津希さん(港川中)、金城佑芽さん(浦添中)がそれぞれ選ばれ、「今度は私が」を発表した山川さんは「人間関係に困った時は自分の気持ちをきちんと伝え、お互いが尊重しあい認め合うことの大事さを部活から学んだ。後輩たちにも私が学んだことを伝えていきたい。」と力強く話しました。 ...
  • 7月2日(月)市民の納税意識向上を目指して DSC_0023  市長応接室にて、沖縄県税務職員(那覇県税事務所個人住民税徴収対策チーム)の浦添市税務職員併任の実施にかかる辞令交付式が行われました。この取り組みは、県と市が共同して市税の滞納整理に従事することで、徴収業務の質の向上を図ることを目的としています。今後の市民の納税意識向上へとつなげ、徴収率を上げられるように協力することを確認しました。  
  • 犯罪や非行のない社会へ、第68回社会を明るくする運動 記念撮影  7月2日、第68回社会を明るくする運動のメッセージ伝達式が市役所で行われました。  社会を明るくする運動は、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くため全国的に開催されるものです。~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~をスローガンに中部南保護区保護司会の皆さんが市長らに内閣総理大臣、県知事、県教育長のメッセージを伝達しました。  松本市長は「私たちが心の在り方を見つめなおすことで防げるような悲しい出来事はたくさん...
  • 6月27日 飲酒運転をしない、させない、許さない! DSC_0079  浦添市立中央公民館で浦添警察署長と浦添地区交通安全会長、市内の各自治会長らによる「飲酒運転根絶宣言自治会認定式」が行われました。  重大な事故につながる行為であるにもかかわらず、未だに飲酒運転は後を絶ちません。そこで、市民を主体として飲酒運転根絶を地域で意識・徹底して啓発活動の担い手となることを目的にこの取り組みが始まりました。「各自治会と警察署が協力して対策を行い、飲酒運転をなくしていきましょう!」と全員で力強く宣言しました。
  • 6月25日 輝く!てだこ市民賞、第38号 DSC_0029  輝くてだこ市民賞の表彰および記念品の授賞式が市長応接室にて行われました。今年の3月16日~18日に県内で開催された「第21回全国高等学校ボウリング選手権大会沖縄大会(春高ボウリング沖縄大会)」において、受賞者の太(ふとり)琳華(りんか)さんは女子団体戦優勝と女子選手権者決定戦優勝を修め、西島本(にししまもと)有生(ゆうき)さんは男子個人戦優勝という成績を残しました。 太さんは「自分自身、好成績を修めてびっくりですが、8月に開催の全都道府県が参加する大会でも優勝目指して頑張りた...

公式Facebookページ