人生のできごとから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 成人・就職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 病気・けが
  • 障がい者
  • 失業・退職
  • 高齢・介護
  • 死亡・相続

暮らしのガイドから探す

  • 届出・登録・証明
  • 保険・年金・介護
  • 福祉
  • 健康・予防
  • 税金
  • 育児・教育
  • 住宅・インフラ
  • 環境・ごみ

うらそえトピックス

  • 恒久平和への誓い新たに~前田高地戦跡めぐり~ 前田高地戦跡めぐり 6/18(日)、映画『ハクソー・リッジ』の舞台となった前田高地の戦跡をめぐるツアーが「うらおそい歴史ガイド友の会」のガイドにより開催され、老若男女多くの人が参加しました。 72年前、ありったけの地獄を一つにまとめたと言われるほど、激しい戦いが繰り広げられた浦添の前田高地の戦い。 ポイントごとに説明を受ける参加者の皆さんは真剣なまなざしで説明に聞き入りました。 戦跡を巡った参加者は実際の地に立ち、 72年前に起こった悲惨な戦争を想像し、二度と悲惨な戦争は起こしてはならないという想いを込めて、黙...
  • 平和講座開催、前田高地の戦いを学ぶ 平和講座の様子 6/16(金)市中央公民館で「映画「ハクソー・リッジ」から見る浦添・前田高地の戦い」と題し、平和講座が開催されました。 間もなく公開される映画を前に戦争の歴史を学ぼうと、募集定員50人に対し200人近くの人たちが集まりました。 講師を務めたのはうらおそい歴史ガイド友の会の津覇 實治さん。 アメリカ軍の上陸から前田高地の戦いに至る経緯を分かりやすく解説。 一言一言聞き逃すまいとメモを取る人、うなずきながら聞く人、参加した人それぞれ72年前この地で起きた悲惨な戦争の歴史に理解を深めました。
  • 認定子ども園の本格始動に向けて 真剣に説明を聞いている保護者たちの様子   浦添市では平成32年度までに市内11か所の市立幼稚園を「幼保連携型」の認定子ども園へ順次移行する計画をしています。  来年先行して認定子ども園へ移行を予定している仲西幼稚園の保護者などを対象にした説明会が6月8日(木)に開催されました。  子育て世代にとって、保育の問題は重大な関心事であることもあって、多くの保護者からは「何が変わるのか」「保育の質は保てるのか」「保育士不足の問題は」などの質問が寄せられ、活発な意見交換が展開されました。
  • 2017ミスユニバースジャパン沖縄大会グランプリに輝いた平良 絵玲亜さんら市役所を訪れる DSC_0058 2017ミスユニバースジャパン沖縄大会でグランプリに輝いた平良 絵玲亜(たいら えれあ)さん=浦添市出身と、準グランプリの田場愛弓(たば あゆみ)さん=沖縄市出身、渡部まゆみ(わたべ まゆみ)さん=宜野湾市出身が浦添市役所を訪問してくれました。 3人を一目見ようと集まった人たちからは「脚ながーい」「きれい」と声が上がり、華やかなドレスに終始笑顔の3人の立ち居振る舞いに釘づけで憧れの眼差しを注ぎました。 全国大会に出場するグランプリに輝いた平良さんは昨年の大会に続き、二度目の挑戦で栄冠(ティ...
  • めざせ!ボクシング世界王者! DSC_0025  5月20日(土)開催のWBC世界フライ級タイトルマッチに出場する浦添市出身の比嘉大吾選手! 市役所では比嘉選手の活躍と勝利を願って、激励懸垂幕掲揚式が行われました。世界へ羽ばたく、大吾選手をみんなで応援しましょう! さぁ夢の舞台へ その‟拳″で伝説を生み出せ!
  • 4/16(日) 地元歴史の復元に、地域住民が祝福 安波茶樋川復元落成式  浦添市安波茶には樋川(フィージャー)と呼ばれる湧き水があり、約300年前から周辺住民の生活を支えてきました。湧き水の量が減少傾向にあり、周辺住民の要望を受けて市で復元整備を進め、見違えるほどに水が湧き出るようになりました。復元された樋川にはおたまじゃくしや小さなエビなども住み、将来的には樋川周辺が緑で覆われるよう工夫もし、自然に近い形での復元です。  復元落成式には関係者をはじめ周辺住民の皆さんも参加し、笑顔で復元を祝いました。会場にいた比嘉愛子(ひが あいこ)さんは「水が出にくくなって、...
  • 市民憲章を自ら実践し発表する、市民憲章実践活動作文コンクール表彰式 市民憲章実践活動表彰式  市内小学生が市民憲章を実践し、そこから感じたことを作文にまとめたコンクールの表彰式が、市役所で行われました。最優秀賞は前田小学校の平良菜都さんの「ボーイスカウト活動を通して」と、仲西小学校の与那覇乃野華さんの「もっと広めたい浦添市の特産品」で、優秀賞の6人と合わせ計8人の児童へ表彰が行われました。  与那覇さんは「市内で食べたスイーツがこんなにおいしかったことに気づき、もっと多くの人に知ってほしかったので書きました。今後もスイーツ巡りは続けたいです」と笑顔で語りました。

公式Facebookページ