人生のできごとから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 成人・就職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 病気・けが
  • 障がい者
  • 失業・退職
  • 高齢・介護
  • 死亡・相続

暮らしのガイドから探す

  • 届出・登録・証明
  • 保険・年金・介護
  • 福祉
  • 健康・予防
  • 税金
  • 育児・教育
  • 住宅・インフラ
  • 環境・ごみ

うらそえトピックス

  • 彩る花々、なーぐすくに憩いの場 「アイ美花園」に集まった子どもたち 宮城(なーぐすく)地域交流の拠点である宮城ポケットパーク「アイ美花園」で地域住民や企業による交流会が開かれました。 自治会では宮城大通りの沿道をたくさんの花で飾っていこうと、婦人会や老人会などと協力して花を植える取り組みを続けています。園の周囲には赤や黄色や紫など色とりどりの花が咲いており、お年寄りや子どもたちがベンチでひと休みに利用するなど地域の憩いの場になっています。 中心となって取り組んでいる新垣安伴さんは「この取り組みがきっかけで、宮城地域だけでなく他の地域にも繋り、広がっていけれ...
  • 4月25日(水曜日)浦添市西部開発まちづくりシンポジウム 浦添市西部開発まちづくりシンポジウムパネルディスカッションの様子 浦添市西部開発地区のまちづくりについて考える「浦添市西部開発まちづくりシンポジウム」がてだこホールで開催されました。 第一部では沖縄国際大学産業総合研究所特別研究員の伊敷豊氏がマーケティング戦略を導入したまちづくりについて基調講演を行い、観光客の増加を見据えたうえでターゲットや目的に合ったまちづくりの重要性を語りました。 第二部では浦添市のポテンシャルを最大限に活用したまちづくりについて、4人のパネリストが経営・観光・地主・行政などそれぞれの視点で議論しました。
  • 地域愛に感謝!浦添市民憲章実践者表彰式 浦添市民憲章実践者表彰式写真  地域貢献のために優れた取り組みをした個人・団体に贈られる浦添市民憲章実践者表彰式が4月24日(火曜日)に市役所9階講堂で行われました。  市民憲章は、自然愛、人間愛、遵法・公徳心、勤労・健康、平和・文化の5部門より、市が掲げた目標を常時または定期的に継続されている個人・団体が対象で、今年度は個人の部16人が表彰されました。  受賞者を代表してあいさつをした砂川清徳さんは「市民憲章は光栄であり、感謝の気持ちが一杯です。地域支援活動は今回で終わりではなく、本日の表彰をスタートの証だと思ってこ...
  • 県内初の試み ふるさと納税返礼品に 「見守りサービス」 ふるさと納税の返礼品に郵便局の「みまもりサービス」を導入する協定の締結式  4月20日(金曜日)ふるさと納税の返礼品に郵便局の「みまもりサービス」を導入する協定の締結式が市役所で行われました。 「みまもりサービス」は市内の居住者が対象で、郵便局社員が利用者宅などへ訪問して生活状況を確認する「訪問サービス」と、利用者などへ毎日決まった時間に電話をして体調確認を行う「でんわサービス」を提供します。   松本市長は「納税した人に喜んでもらい、この制度を利用して見守られる方が安心して暮らしていける循環が広がっていけば嬉しい」と話しました。
  • 4月2日(月曜日)  誓い胸に社会への第一歩 浦添市辞令交付式 2018年度新職員 新年度のスタートに併せて、浦添市では新たに19人の職員(行政職16人、技術職1人、消防職3人、幼稚園教諭職1人)が採用されました。 式場のドアが開くと、真新しいスーツを着た新人職員の皆さんが緊張した中にも力強い表情で入場し、1人ずつ名前を呼ばれると「はい!」と元気よく返事をして辞令を受け取りました。 新職員を代表してあいさつをした外間史矢さんは「市民の方々と共により良い浦添市をつくっていけるよう、誠心誠意努力していきたい」と力強く誓いの言葉を述べました。
  • 4月1日(日曜日)仲西こども園開園式・入園式 仲西こども園開園式・入園式集合写真 市で初めての公私連携幼保連携型認定こども園となる仲西こども園の開園式が行われ、3~5歳児まで合計110人の園児が入園しました。園舎は仲西幼稚園の施設を使用し、社会福祉法人ハイジ福祉会が設置・運営を行います。 市長は開園を祝い「小学校や隣接する保育所など地域と広く連携しながら、みんなで子どもたちを見守り育てていきたい」とあいさつをしました。  引き続き行われた入園式ではフィンガーアクションやダンスで盛り上がり、伊佐善智園長が「これからみんなで元気いっぱい遊びましょう」とあいさつをする...
  • 3月23(金曜日)前田線トンネル・沢岻石嶺線跨線橋の名称決まる 表彰式写真 平成31年度に開通予定の前田トンネルと沢岻石嶺線跨線橋の名称応募に324件の応募があり、前田トンネルは「ユブシが丘トンネル」、沢岻石嶺線跨線橋は「新虹(アラヌージ)橋」に決まりました。 命名者となった3人には表彰状が送られ、「ユブシが丘トンネル」と命名した黒島朱珂さん、山田夏凛さんは「前田ではユブシが丘という地名が昔から使われていて親しみを感じれれるのではないかと思い名付けた」、「新虹(アラヌージ)橋」と命名した平良光さんは「浦添の新名所となって欲しい期待感や人と人をつなぐ架け橋になって...

公式Facebookページ