人生のできごとから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 成人・就職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 病気・けが
  • 障がい者
  • 失業・退職
  • 高齢・介護
  • 死亡・相続

暮らしのガイドから探す

  • 届出・登録・証明
  • 保険・年金・介護
  • 福祉
  • 健康・予防
  • 税金
  • 育児・教育
  • 住宅・インフラ
  • 環境・ごみ

うらそえトピックス

  • 11月13日(水)バドミントン用ネット寄贈式 ネット寄贈  NTTスマッシュよりバドミントン用ネット5式の寄贈がありました。  NTTスマッシュは、当初NTT社員を中心に結成されたバドミントンクラブで、ANA ARENA 浦添(浦添市民体育館)で活動しています。会の主な活動目的は、健康維持のためです。  今回は「てだこの子どもたちが安全に、そして競争力を持って活動していくこと」などを希望し、古堅さんと照屋さんがクラブを代表して寄贈をしました。
  • 10月21日(月)市制施行50周年記念キャッチフレーズ決定! 市制施行50周年記念キャッチフレーズ決定  市制施行50周年記念キャッチフレーズの決定に伴い、記念品贈呈式が市長応接室で行われました。市内の高校生たちから寄せられた405点の中から那覇工業高校服飾デザイン科2年の大城百花さんが考案した「50年の時を越え、一歩また未来へ、浦添市」がキャッチフレーズに選ばれました。  大城さんは「浦添市の50年の過去とともに、市民みんなで協力し合って、また一歩未来へ進んでいけたらいいなという思いで作りました。選ばれてすごくビックリしたけど、人生経験の一つになってとても嬉しいです」とフレーズに込めた思いと...
  • 9月30日(月)安心して子育てができるまちへ 親子健康手帳ケース贈呈式 DSC_0019-2  JAおきなわ浦添支店より親子健康手帳ケースが1000個贈呈されました。海の生き物がプリントされた爽やかなブルーのケースは診察券や保険証などが収納できる便利なつくりとなっています。  この取り組みはJA共済地域貢献活動の一環として平成29年度から毎年行われており、支店長の嘉数晃さんは「妊婦さんが次世代を担う子どもを妊娠・出産することを祝福するとともに、安心して子どもを産み育てることができる環境づくりの支援を目的に製作しました。ぜひ多くの人に活用していただきたいです」と語りました。  このケ...
  • 9月24日(火)浦添の歴史文化を発信!うらおそい歴史ガイド誕生 DSC_0055-2  うらおそい歴史ガイド認定証交付式が浦添市役所で行われました。市では、市内の史跡や文化財の案内を行う人材を育成するためにおよそ4年に1回「うらおそい歴史ガイド」養成講座を実施しています。今回、認定試験に合格した19人に認定証が交付されました。  認定者を代表して仲村真さんが「講座を通して浦添の歴史の奥深さと市内の史跡文化財について多くの知識を得ることができた。これから研鑽を積み、早く一人前のガイドになれるよう努めていきたい」と意気込みを語りました。モノレール延長開業により浦添市への観光客...
  • 10月3日(木)青少年が健やかに育つ社会へ 青少年を健やかに育てる浦添市民総決起大会」および「暴力団壊滅浦添市民総決起大会  アイム・ユニバース てだこホール 大ホールで「青少年を健やかに育てる浦添市民総決起大会」および「暴力団壊滅浦添市民総決起大会」が開催されました。この大会では次代を担う青少年を健全に育成するため、非行の根源である深夜はいかいの防止と、夜型社会の風潮を市民が一体となって是正するとともに、社会環境の浄化を図ることを目的としています。  第1部では大麻・覚せい剤の乱用による家族や社会への影響や脳への影響などの講話や第33回「浦添市少年の主張大会」で最優秀賞を受賞した神森中学校3年生の丹野惺太さ...
  • 10月2日(水曜日)浦添産桑の葉を使った商品開発を報告 那覇国際高校SGH研究生活動報告後皆で記念撮影 那覇国際高校の生徒5人が浦添産桑の葉を使った商品開発と販売成果の報告のため浦添市役所を訪れました。 5人は、文部科学省指定のSGH(スーパー・グローバル・ハイスクール)という探究活動の一環として「環境」をテーマにプロジェクトをスタート。 メンバーの一人平良建史郎さん(浦添市出身)が、小学生の時に行った蚕や浦添織についての自由研究がきっかけで「桑の葉」を使ったジェラートを開発したという。 試行錯誤の上完成したジェラートは、8月末から2日に渡り販売し、好評を博した。 桑の葉の可能性を感じた...
  • 8月26日(月)県内初ショートメッセージで受診率アップに期待 ショートメッセージサービスで検診のお知らせに関する連携協定締結式  浦添市民の大腸がん検診受診率向上を図ることを目的に、浦添市、ケイスリー株式会社、株式会社アクリートは、SMS(ショートメッセージサービス)を活用した検診のお知らせに関する連携協定を締結しました。この協定により、国民健康保険加入者の大腸がん検診対象者への効果的なメッセージ内容の検討や検診における市民ニーズの把握などを連携して行います。  ケイスリー株式会社の幸地代表取締役は「浦添発のモデルとして、この事業を成功させ他の自治体にも展開していきたい」と話し、株式会社アクリートの田中代表取締役社長...

公式Facebookページ