人生のできごとから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 成人・就職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 病気・けが
  • 障がい者
  • 失業・退職
  • 高齢・介護
  • 死亡・相続

暮らしのガイドから探す

  • 届出・登録・証明
  • 保険・年金・介護
  • 福祉
  • 健康・予防
  • 税金
  • 育児・教育
  • 住宅・インフラ
  • 環境・ごみ

うらそえトピックス

  • 5月13日(水) マスクの寄贈がありました ~中国泉州市~ 0515_DSC_0014 5月13日、本市と友好都市を結ぶ中国福建省泉州市より医療用マスク約20,000枚が届きました。 泉州市の王永礼市長からは「一衣帯水 同舟共济」(互いに協力し合い、困難を乗り切る)という心温まるメッセージが添えられています。 今般の新型コロナウイルス感染症の影響で流通も混雑するなか、多くの配慮と時間をかけて到着した貴重なマスクです。泉州市から寄贈いただいたマスクは、今後有効に活用させていただきます。 泉州市からの物心両面の支援に感謝し、今後も互いを思いやり、末永い交流を深めてま...
  • 4月24日(金)広がる支援の輪 DSC_0009  琉球ミート株式会社様から新型コロナウイルスの影響で困っている方々のために、食品約300キログラム(ウインナー・ベーコンなど)の贈呈がありました。贈られた食品はこどもの居場所やこども食堂、社会福祉協議会などに順次届けられています。  琉球ミート株式会社金城専務は「日頃より浦添市にはお世話になっていますので、何らかの形で恩返しをしたいと日頃より考えていました。新型コロナウイルスの影響で困っている方が市内に多くいると思いますので、自社の食品を無償で提供させていただきます。困っている方に届けてくだ...
  • 4/8(水)手作りマスク贈呈式 手作りマスク贈呈式    「手作りマスクでONE TEAMうらそえ宣言」に伴う市民からの手作りマスク贈呈式が市長応接室で行われ、87枚の手作りマスクが市へ贈呈されました。提供したのは市民の山本ヨシ子さんと安里八重子さんです。  山本さんは「この機会に誰かの助けになれると思うと嬉しい。いつでも協力します」と話し、松本市長は「沢山の手作りマスクを市に提供していただきありがたい。新型コロナウイルスに負けないようにみんなで力を合わせて頑張りましょう」と意気込みを語りました。
  • 4/3(金)令和2年度法律相談員委嘱状交付式 令和2年度法律相談員委嘱状交付式    令和2年度法律相談員委嘱状交付式が市長応接室で行われました。市民相談室は市役所1階に設置されており、市民相談および法律相談、消費生活相談などの相談業務を行っています。今年度は司法書士2人、弁護士4人の計6人の法律相談員で法律相談業務を行います。市民が悩み事や困り事があった場合に相談を受け、解決促進をはかり安定した市民生活を行えるよう手助けをします。  松本市長は「専門的な立場から経験と知見を活かして、市民が安心して暮らせるよう皆さんの力を借りて我々も取り組み、共に素晴らしい浦添市を作...
  • 3/27(金)浦添市消防表彰 消防感謝状授与式    浦添市消防本部で消防感謝状授与式が行われ、市内に住む谷内勤さんと當眞仁嗣さんに感謝状が贈呈されました。2人は今年1月8日に発生した車両火災現場の近くを通りかかり、いち早く助けに応じ消火器で初期消火を実施し、被害を最小限に食い止めました。  谷内さんは「日頃から建物内の消火器や消火栓の位置を知っていてよかった」と話し、當眞さんは「実際に火事に遭遇するとは思っていなかったのでびっくりした。どこに何があるか認識することが大事だと思った」と話しました。  嘉味田消防長は「迅速・的確な判...
  • 3/24(火)家庭用ごみ収集作業車の音楽が変わります!! 浦添市歌オルゴール調編曲譲渡セレモニー    浦添市歌のオルゴール調編曲譲渡セレモニーが市長応接室で行われました。現在、家庭用ごみの収集作業車はオルゴール調の「エリーゼのために」を流していますが、市制施行50周年事業の一環としてオルゴール調に編曲された「浦添市歌」へ変わります。これは、浦添市の歌をより多くの市民に親しみをもってもらうための取り組みで、編曲は歌手の前田達也さんが行いました。4月から一部地域で流していますが、市制施行の日である7月1日から一斉に市内で流す予定です。  松本市長は「市歌を知らない市民に、市歌の存在を知っ...
  • 3月31日(火)夢を抱く大切さを子どもたちに 絵本・ぬり絵本贈呈式 DSC_0039      大和リビング株式会社から市内小学校3年生へ1300冊の絵本の寄贈があり、その贈呈式が市長応接室で行われました。この絵本は設立30周年を迎えた大和リビング株式会社がその謝恩の一環として作成したもので、「夢を抱く大切さ」を伝えたいという願いが込められています。また、別冊のぬり絵本も付いており、子どもたちがそれぞれの感性で世界に一つだけの絵本を作ることもできます。 明石昌取締役社長は「これからの浦添市を担う子どもたちに、夢を追いかけていろんなことにチャレンジしてほしいというメッセージ...
  • 3月27日(金)「手作りマスク」でONE TEAMうらそえ宣言 「手作りマスク」でONE TEAMうらそえ宣言      新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマスク不足などが続く中、市民からの呼びかけにより、「手作りマスク」プロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトは、市民一人一人に個人で使用するマスクを手作りしてもらい、市販のマスクを医療や介護など緊急性の高い分野の重点配分となるよう配慮したいとの思いがあります。  プロジェクトの発起人である胡宮なりえさんは「マスクを必要としている多くの人たちが入所困難な状態が続いている中、手作りマスクの取り組みで新型コロナウイルスの感染拡大防止につなげたい...
  • 3/12(木)ユブシが丘トンネル銘板題字制作表彰式 ユブシが丘トンネル銘板題字制作表彰式    ユブシが丘トンネル銘板題字制作表彰式が市長応接室で行われました。市では平成29年度に沖縄県民をはじめ、観光客など多くの人に利用してもらい地域に親しまれる道路になることを目的に、前田線トンネルの名称公募を行いました。300件を超える応募の中で前田小の児童の案を採用したことから、銘板の題字も同校6年の大城佳穂さんが制作しました。  大城さんは、「書くのは難しかったけど、練習をして当日は2回で書き上げることができました。ずっと残るものなので嬉しいです。」と笑顔で話しました。

公式Facebookページ