人生のできごとから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 成人・就職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 病気・けが
  • 障がい者
  • 失業・退職
  • 高齢・介護
  • 死亡・相続

暮らしのガイドから探す

  • 届出・登録・証明
  • 保険・年金・介護
  • 福祉
  • 健康・予防
  • 税金
  • 育児・教育
  • 住宅・インフラ
  • 環境・ごみ

うらそえトピックス

  • 2月10日(水) ミュール・ドゥ・ソレイユ即完売 wain 市の特産である桑の実と北海道厚真町産のハスカップを使ったワイン 「ミュール・ドゥ・ソレイユ(太陽の桑の実)」が 2月11日から100本限定で販売されました。 浦添市シルバー人材センターと沖縄高専、北海道苫小牧高専などが 協力して開発し、2018年から毎年販売しており、 今年も大好評で2日で完売となりました。 今年は桑の実80%、ハスカップ20%にブレンド比率を変え、 酸味を抑えたすっきりとした甘さに仕上げました。 また、毎年変わるラベルには、浦添八景の一つが選ばれ、 今年...
  • 2月1日(月)東京ヤクルトスワローズ 沖縄キャンプイン! ★UCA_4725 今年もプロ野球の春季キャンプシーズンが到来しました。 しかし、沖縄県独自の緊急事態宣言の発出により、 歓迎式やファンとの交流会が中止され、 例年とは異なり無観客でのキャンプインとなりました。 そのような状況でも選手たちは体力向上メニューのほか、 投手と野手に分かれてそれぞれの技術を磨き、 シーズンを戦い抜く土台をしっかりと鍛え上げました。 そのほか運動公園内では地元ファン向けに グッズショップが設けられました。 無観客により見学できなかった選手たちの練習風景は、 東京ヤクル...
  • 2/1(月)うらちゃんmin支援の輪が広がっています DSC_0005 うらちゃんminiの利便性向上のため、㈱サンエー、 A&W、Sweet Lotusの支援により店舗前に 乗り場の立て看板が設置されました。 また、ロクト整形外科、すこやか薬局をはじめ 多数の企業ではポスターの掲示や乗降説明等を行っており、 支援の輪が広がっています。 サンエー浦添西海岸パルコシティの 吉川朝浩ビルマネジメント担当課長は 「高齢者や学生など浦添市内の車を持たない方々にも 気軽に来てほしいという思いで協力しました」と 公共交通の利用に期待を込めました。 ...
  • 1月28日(木)給食を琉球漆器でいただきま~す ★DSC_004 全国学校給食週間にちなみ、当山小学校4年3組と4組の児童に 琉球漆器に配膳された給食が振る舞われました。 始めに児童たちは琉球漆器について動画を見ながら技法の種類を学び、 琉球料理と琉球漆器がどのような場面で 昔から使用されていたのかをそれぞれで話し合いました。 鮮やかな朱色と漆黒の貴重な漆器を使った給食に 児童たちは「いつもより美味しかった」、「偉い人になった気分」、 「食べた後に器をティッシュで拭いた。 いつもと違って(器の扱いに)緊張した」と 興奮した様子で美味しそうに...
  • 1月25日(月) 地域で見守る安心のまちづくり DSC_0037(トリミング) 市内郵便局との浦添市地域見守りネットワーク 事業協定締結式が市役所で行われました。 この事業は、市内の各団体や企業などの見守り協力団体と 市および社会福祉協議会が連携し、地域住民の見守り、 安否確認、声掛け等への対応を行う事業です。 これまで浦添郵便局の集配営業部を含む11事業所が登録していますが、 今回市内12か所の郵便局窓口も追加され、 地域の皆さんが連絡しやすい体制となりました。 浦添経塚郵便局の平良局長は「さまざまな形で誰もが安心して暮らせる 福祉のまちづくりに貢献し...
  • 1月24日(日)沖縄初の外交官 田場盛義顕彰碑建立10周年 DSC_0034 (2)-2 田場盛義顕彰碑建立10周年記念式典が 当山小公園で行われました。 田場氏は当山生まれで沖縄初の外交官として 国際的にも活躍した人物です。 多くの市民が田場氏の足跡に接することができるよう、 当山地域の住民が中心となって 平成22年3月に当山小公園に顕彰碑が建立され、 今年10周年の節目を迎えました。 松本市長は「次世代を担う子ども達だけではなく、 私たち世代も田場さんの生き様から学び世界で 活躍できる人生を目指したい。20年、30年と 末永く当山の地から、浦添の子どもたち...
  • 1月23日(土)易しい言葉と優しい心で やさしい日本語を使おう! ★講座close shot② 災害情報を国内に住む外国人にも理解しやすい 表現で伝えるための「やさしい日本語」を学ぶ 中央公民館講座がオンラインで開講されました。 受講者たちはやさしい日本語の成り立ちや、 なぜそれが必要とされるのかを学習し、 実際に文章を作成しながら使い方のコツを教わりました。 参加者からは「外国人=(イコール)英語と決めつけず、 自信を持ってやさしい日本語を使いたい」、 「誰もが活用できるコミュニケーション方法だと思った」、 「子どもや障がい者にとっても良い表現方法だ。 教育や学習の...
  • 12月24日(木)クリスマス・イブにサンタさんからプレゼント(上野自治会) CIMG2575  去る12月24日(木)のクリスマス・イブに上野自治会の金城会長を含む自治会関係者が牧港5丁目の小学生以下の子どもがいる家庭を回り、クリスマスプレゼントとしてお菓子を贈呈しました。 上野自治会の仲宗根京子さんがコロナ禍でも皆に喜んでもらうことをしたいという思いから、今回のイベントを企画し、サンタに扮した金城会長が子どもたちに対しプレゼントを贈呈しました。 実施した金城会長は「今年初開催したイベントで子どもや親御さんにも喜んでもらえたのが嬉しかった。たくさんの人に喜んでもらえるよう、...
  • 12月11日(金)のぼり旗でPR!!コロナに負けるな!~浦添市役所通り会~ 浦添通り会  浦添市役所通り会では、来訪者に安心して利用していただくため「新型コロナに負けるな」と記したのぼり旗を作成し、次亜塩素酸の除菌水と併せて会員店舗・事業所へ配布しました。       知念会長は「通り会の役員や会員が一丸となってこれからもコロナ対策を実施していきますので、ぜひ浦添市役所通りをご利用していただければ」と話しました。今後は浦添市役所通り会専用ホームページを開設するなど、さまざまな情報配信を行う予定です。
  • 2020年度YA文芸賞表彰式 2020うらそえYA文芸賞 表彰式写真  11月29日(日)に浦添市立図書館で今年で第12回目の開催となる「2020うらそえYA文芸賞」が開催されました。 今年は例年よりも少ない応募となる短編小説部門8作品・詩部門4作品のなかから、厳正なる審査を経て煌賞を含む各賞に4作品が選ばれました。コロナ禍のなか応募してくれた皆様ありがとうございます。  審査員による厳正・慎重な審査の結果、応募作品の中から小説部門より煌(きらめき)賞に仲里(なかざと)詩(し)帆(ほ)さん(沖縄県立普天間高校2年)の「アフタヌーンティーをあなたと」 ...

公式Facebookページ