人生のできごとから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 成人・就職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 病気・けが
  • 障がい者
  • 失業・退職
  • 高齢・介護
  • 死亡・相続

暮らしのガイドから探す

  • 届出・登録・証明
  • 保険・年金・介護
  • 福祉
  • 健康・予防
  • 税金
  • 育児・教育
  • 住宅・インフラ
  • 環境・ごみ

うらそえトピックス

  • 5月17日(金)浦添市てだこ学園大学院 第32期生入学 浦添市てだこ学園大学院入学式    浦添市立中央公民館3階ホールにて浦添市てだこ学園大学入学式が行われ、第32期生39人(平均年齢69.9歳)が新たな学びのスタートを切りました。  新入学生を代表して浦﨑猛さんは「家族・生活のために精一杯だった平成時代、100歳人生を送るためにも、令和では自分のために時間を使い、本学院で仲間づくり・生きがいづくりをして、地域に貢献していきたい」と心強く決意を述べました。
  • 5月11日(土)新しい「学びの場」プログラミング道場 プログラミング道場  てだこホールマルチメディア学習室でCoderDojo浦添が運営するプログラミング道場が開催されました。これは市制施行50周年事業の一つで、小中学生を対象にプログラミング言語を使ってゲームやアプリ作りなどを行い、次世代の人材育成を図ることを目的としています。  全15回のうち2回目となる今回は、キーボードの指を置く位置を学び、ゲームを使ったタイピング練習を行いました。子どもたちはたくさんのゲームに興味津々で「小指や薬指で打つところが難しかった。ミスがなくなるまで頑張りたい」と指が疲れるまで夢...
  • 5/11(土)いろいろな生き物が住める豊かな森へ カブトムシ植樹祭    浦添市カルチャーパーク内で「カブトムシの森づくり」植樹祭が行われました。緑化活動を推進する目的で開催された植樹祭では、子ども達に人気のある昆虫カブトムシやその他の生きものが将来的に住めるような環境を創造するため、カブトムシが好むとされるシマトネリコの苗木を中心に植樹しました。  松本市長は「将来大人になった時に、次の子ども達にこの森は私たちが育てたんだよ、と胸を張って言ってください」とあいさつし、沢岻小2年の島村太陽くんは「カブトムシがいっぱい集まってきてくれたらうれしい」と笑顔で話しま...
  • 4月13日(土)・14日(日) おきなわロードレース 3stage in ANA SPORTS PARK 浦添 おきなわロードレース    今年で2回目の開催となるおきなわロードレースがANA SPORTS PARK 浦添で行われました。種目は一般・プロ混走のステージレースに加え、50歳以上対象のマスターズカップ、一般参加型のエンデューロレースが開催されました。1日目の上級レベルのレースでは、プロのスピード感あふれる走りに観客も大興奮。2日目のコースでは、一般の参加者も普段は走ることのできないコースの雰囲気を味わいながらレースを楽みました。  一般参加型のエンデューロレースで1位を獲得した男性は「あいにくの雨でコースも難しか...
  • 4月5日(金) JICA沖縄 佐野新所長就任 JICA沖縄所長就任    JICA沖縄の佐野景子新所長と河崎前所長が、就任と離任のあいさつを兼ねて市長を表敬訪問しました。  佐野所長は、アフリカを多く歴訪した経験を持ち、ケニア事務所での3年半の勤務を終え、JICA沖縄第14代目、初の女性所長として今回就任しました。  河崎前所長は「初の女性所長として、今までと違った視点からチャレンジして欲しい」と期待の声を述べ、佐野所長は「世界と交流し、ともに支えあう沖縄の創造とともに開発途上地域の発展、安定に貢献していきたい」と意気込みを述べ、河崎前所長からバトンを受け取...
  • 3/20(水) 勢理客の獅子舞の説明板リニューアル 勢理客の獅子舞の説明板    勢理客公民館に設置してある勢理客の獅子舞について解説した文化財説明板がこのたび新しく建て替えられました。  勢理客の獅子舞は、昭和48年に「国選択無形文化財」、昭和56年には「浦添市指定民俗文化財」となりました。毎年旧暦8月15日の夜には勢理客公民館で行われる「十五夜祭」で獅子舞の演舞を見ることができます。  具志堅自治会長は「勢理客の獅子舞は400年以上の歴史があります。小学生や中学生など、次の世代への継承も進んでいる。小さな子ども達が大人になって子や孫ができて、ずっと先の未来まで受...
  • 4月1日(月) 決意を胸にスタート 辞令交付式    浦添市の辞令交付式が中央公民館で行われ、新職員が社会人としての一歩を踏み出しました。この春、採用された新職員は行政職13人、保健師職1人、消防職2人、土木技術職3人の計19人です。それぞれ名前を呼ばれると緊張した面持ちで起立し、辞令を受け取り、決意を新たにしていました。  新職員代表の成田瑞季さんは「日々目まぐるしく変化する社会情勢、多様化するニーズの中で多くの市民の期待に応えられるよう、市民の方々と理解しあい、手を取り合いながら市の発展に貢献できるよう尽力致します」と誓いの言葉を述べま...
  • 4/1(月) 浦添こども園開園式・入園式 浦添こども園開園式・入園式      市で初めての公立幼保連携型認定こども園となる浦添こども園の開園式が行われ、3~5歳児までの計98人の園児が入園しました。  松本市長は開園を祝い「先生だけでなく、ご家族や地域の皆さまの協力を得ながら子どもたちが元気に育つよう取り組んでいきたい」とあいさつしました。  引き続き行われた入園式では、先生と子ども達の歌声が体育館いっぱいに響きわたり、松原朝子園長が「こども園はやさしい先生とお友達がいっぱいです。毎日元気いっぱいこども園に来てくださいね」と挨拶すると園児たち...
  • 3/26(火)みんなが通いたくなる学校づくり 浦添市中学生新生徒会役員の研修会      浦添市中学生新生徒会役員の研修会が中央公民館で実施され、市内中学校5校から約50人の生徒が参加しました。この研修会は、新年度の学校生活を生徒が主体となってより良くしていくために、交流を通じた意見交換、リーダー育成を目的として行っています。    今回は「通いやすい学校にするために」というテーマについて各グループで意見を出し合い、お互いの考えを深めていきました。最後は、グループでまとめた考えや案をロールプレイングにして分かりやすく披露をし、アイディアを共有できる貴重な機...
  • 3月13日(水)迅速で勇気ある行動に感謝 4H30年度 消防表彰 記念撮影2  浦添市消防本部2階講堂で、浦添市消防本部管轄内で発生した火災、救急事案における協力者への感謝状の贈呈式が行われました。それぞれの迅速で勇気ある行動が延焼拡大を防ぎ、人命救助につながりました。今回、感謝状の贈呈を受けたのは8人で事案4件の内容は次のとおりです。 事案1:平成30年4月15日浦添市当山の飲食店厨房において発生した火災に対し消火器3本を使用して初期消火活動を実施し延焼拡大を防ぎました。 事案2:平成30年5月18日浦添市伊奈武瀬那覇北マリーナのダイビングポイントで潜行し...

公式Facebookページ