クニンドーの森公園の環境

 

 クニンドーの森公園は、浦添市沢岻にあります。沢岻の南西側であり、浦添市内間と那覇市首里末吉町との境界付近に位置しています。

 ここは標高差が30m以上ある斜面地形となっており、そこに残された森林域を公園としています。また、森林の南側には沢岻前川という河川が流れています。

 また、沢岻には、クニンドーの森公園のほかにも、緑地が多くみられます。沢岻配水池の西側、昭和薬科大学附属高等学校・中学校の北東側、沢岻拝所の周辺にも、まとまった森林域が存在しています。

 これらの森林や河川には、多くの生物が生息しています。

※ クニンドーの森公園の完成予定は平成33年度以降です。

 



▲公園の森林域


▲沢岻前川とクニンドーの森公園(右手)


▲沢岻前川

 

環境案内

 自然観察に行くときの見どころ案内です。クニンドーの森公園は森林、草地、河川と環境が多様で、多くの生物を見ることができます。

環境案内を見る

アカ ギ巨木の森

 クニンドーの森公園では、アカギの巨木が数多く生えています。市内のほかの緑地でも、ここまで大きなアカギが並んでいる所はないのではな いでしょうか。

 [アカギ巨木の森

微小なカタツムリの世界

 クニンドーの森公園などの浦添市内の緑地では、普通なかなか気が付かないような、とっても小さなカタツムリ達が見られました。浦添市内で、どんな種類が見られるのか、紹介します。

 [微小なカタツムリの世界] 

生きものの種類

 クニンドーの森公園およびその周辺緑地に、どんな生きものがいるのか見てみましょう。

 [生きものリストを見る